月別アーカイブ: 2016年2月

シンプルイズベスト!

20代前半、女性です。彼氏の格好は、とにかくシンプルな感じが理想です。自分と同年代の20代前半くらいですと、周りと差をつけたいのか、オシャレだと思われたいのか・・・変に色を沢山使ったり、小物を使ったりして逆に統一感ゼロのダサい格好になってしまっている残念な男性を多々みかけます。

ブランドをきくと結構な値段のするハイブランドだったりするのですが、本人にそれを着こなすオシャレレベルがないといくらお金をかけても、それが周りに伝わらないのであまり意味がないと思います。

まずはシンプルに、ジーパンやパーカーなど特にオシャレではないですが「変ではない」格好をしてみて、それに何か一つ、たとえばニット帽やダテ眼鏡など小物を追加してみてはどうでしょうか?

ジーパンやパーカーを同系色でまとめて、追加の小物を差し色にしてもいいと思います。

ダテ眼鏡は流行っていますが、形・サイズには気を使ってほしいですね。

髪型や服装の雰囲気がストリート系なら大きめの丸眼鏡もハマりますが、そうでないならオタク臭くなってしまうと思います。

またお金をかけるアイテムの選択も大事です。インナーなどは無地でシンプルな安い物で済ませてもかまいませんが、靴やアウターなどは値段で違いがあからさまに出ますから、ある程度お金をかけるべき場所だと思いますね。

お金を使う場所にもメリハリをつけて、上手にオシャレして欲しいものです。

色遣いでお洒落に!

男性も女性並みにパステルカラーを着こなすなど、色に関しては制限のない時代になりましたね!

そんな中だからこそ、色遣いが上手な方は映えますね。さて、男性に好きな方が多い中間色・ニュアンスカラーについてですが、着こなしにコツがあるようです。

まず黒髪の方は、もし中間色を多く用いたいなら、潔い真っ白をどこかに使う(シャツの襟・カフス、白パンツなど・・アイボリーやベージュはだめですよ!)、明るめ~暗めまでトーンを変えて装う(グラデーションコーディネート)、赤などのとても鮮やかな色をポイント遣いまたはチラ見せする、

などの工夫をした方が、くすんだ印象にならなくて済みます。そう、黒髪で全身をメリハリなく中間色でまとめてしまうと、根暗なくすんだ雰囲気、下手をすると清潔感がない印象、になってしまうんですね。

明るい色と合わせるとか、透明感のある色合いを選ぶ、また髪色を茶系に染めることで、ニュアンスカラーのお洒落感は活かされます。特に栗色の髪は、灰青色系統や渋緑色系統のファッションを惹き立て、第一印象を「パッと華がある」「綺麗」なものにします。

元々そういう色合いの髪をお持ちの方も、ニュアンスカラーを美しく着こなす方です。色の繊細なバランス感覚は必要ですね。

デート時の男性の服装

女性目線から考えてデートの際、男性には3つのポイントを押さえて服装を選んで欲しい。

まず一つ目は、女性がどんな格好をしてきても合う服装である。女性は多様なカラーやタイプの服装を着用するので、女性がどのような服装をしてきても一緒に並んで合うような”シンプル”な服装を心掛けて欲しい。

次に、TPOを考えた服装である。その日の行き先や行動・天候などに合わせた服装をしてきてもらいたい。特に寒い日などにはどうしても薄着になりやすい女性のために男性からサッとコートを貸してほしいものである。また行く場所によってカジュアルな服装・フォーマルな服装と選べる男性には、この人オシャレだなと感心する。

最後に、動きが自由な服装である。これは場合にもよるが、買い物をして荷物が増えたり、女性がヒールの靴を履いて来たりすることが多くあるので男性にはそれらをエスコートできるようなオシャレな中にも動きやすさが取り入れられている服装をしてきて欲しい。

以上の3つのポイントをふまえて男性にはデートの際の服装を選んで欲しいと思う。実際に女性はここまで深く男性の服装をチェックしているわけではないがいざという時に、これらができていると女性からいい男だなと思われること間違いなしである!